2015/01/31

冬の京都におこしやす(/゚▽゚)/清水寺の隠れたスピリチュアルスポットをご存知ですか?絵馬の書き方もご紹介っ♫

おはようございます

今日は格別に寒いっ!
京都市内でも雪も降ったりやんだりしていますので、お出かけの方はご注意を(゜゜)

さて、私昨日はお休みを頂いておりまして、清水寺に行ってきましたーっ!

kiyomizu131.jpg

降水確率80%でも私達がうろちょろしてる時間は雨もあがりラッキー
ただ、そんな天気でも人が多くさすが清水寺!って感じでした。

歩いていても客引きのお兄さんたちに「おこしやす京都へ!」と声をかけられ、京都人だなんて言いにくい空気ぷんぷんで愛想笑い…なんてこともしばしば。w

なぜこんな寒い時期に清水寺かというと。

kiyomixu1316.jpg

関西のキングオブ縁結び神社に行くためしかないっしょ!!!w
地主神社さまー!オラに力をわけてくれ!!!!

kiyomizu1312.jpg

頭悪いwww

今回は初めて絵馬を書いて神様にお願いしてきました

kiyomizu1314.jpg

この絵馬いくらだと思いますか?

なんと1,000円。たっか。w

ちなみに絵馬の書き方ってご存じですか?
ぶら下がってるのはよく見ますが、書き方って教えてもらうことってなかなかないですよね(。゚ω゚)
簡単にご紹介しますのでもし書くことがあれば参考にして下さい♫

■絵馬は「馬の絵」が書いてある方が表、何も書いていないのが裏になります。
昔、生きた馬を神様へのお礼としていたようで、神様に生きた馬を奉納して祈願していたことから、馬の絵を描いて奉納するようになったものが今の絵馬の起源だそうです。
お願いごとは裏に書きます。

■絵馬に書くときはキレイな読みやすい字で!

■絵馬にはお願いごとと住所・氏名を書きます。
お参りなどでも住所を言うと良いとされますが同じ理由でしょうね(・∀・)

■よくばってお願いを書きすぎるのは厳禁。

■もしお願いごとがかなったら、お礼参りまでしっかり行いましょう。


縁結びといっても結ぶ相手もいない私達は絵馬書くのにペンを持ったまましばらく硬直。w
素敵なことがおこりますようにー

観光名所もこの時期だとまわりやすいので冬の京都もオススメですよ

今回のメインは地主神社でしたが、清水寺でかわった催しが行われていたので参加してきました!
暗闇を歩いて進む「随求堂(ずいくどう)胎内めぐり」というものなのですがご存知でしょうか?

kiyomizu1317.jpg

仁王門をくぐり、正面にあるのが「随求堂」なのですが、ここには願いを叶えてくれるという大随求菩薩さまがいらっしゃいます。
この菩薩様の胎内にみたてた真っ暗闇にある、菩薩を象徴する梵字(ハラ)が刻まれた随求石を廻しながら拝むことで願い事を叶えられるといわれています
清水寺の隠れたスピリチュアルスポットだそうですよ(つ`ω´=)

ほんとに真っ暗で左手の数珠を頼りに進んでいくのですが、真っ暗すぎてテンパって石にお願いしたものの廻すのを忘れた私達。w
だ、だ、だ、だいじょうぶかなぁ。www

是非行ってみてください

では今日も1日頑張りましょう


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント