2014/12/13

今夜は雪が降るかも~♬再開発計画がある平将門公の首塚の噂っ!祟があるってホント?

おはようございます♪
今日も寒い1日が始まりましたね

日本付近には非常に強い寒気が流れ込んでいるため、あす14日にかけて日本海側を中心に大雪のおそれがあるそうですので、大雪にご注意!!
雪が降りそうな地域にお住まいの方は今のうちに対策を

さてさて、最近ニュースで話題になっている東京・大手町の「平将門の首塚」って知ってますか?
三井不動産さんが進める大手町再開発計画のお話があるのですが、敷地内にもかかわらず首塚のところだけ計画外になっているそう。

kubiduka1213.jpg

避け方があからさますぎる。w

将門さんは日本史上、最も恐ろしい怨霊に数えられており、現代でも祟りが恐れられているんだとか(゚A゚;)

935年(承平5年)、将門さんは関東を制圧しましたがその後朝廷軍に破れ、処刑されて首を京都の五条河原町にさらされたものの、切断された体を求め「頭ついで今一軍せん!」と夜な夜な叫んだ…という話も残っているほど。
この首が失った体を求めて東へ飛んでいき、大手町の御手洗池に落下したそう。

実際、過去に将門さんの塚を破壊し埋め立てた大蔵省庁舎も全焼、その後役人の中から怪我や病気にかかる人が続出、しかも何故か足を負傷する人が多く、将門公を足下にしたたたりだと噂が流れた。

他にも開発予定はあったものの関係者が不審死を遂げるなどたくさんの謎があるそうです。


こわぁぁぁぁああああっ!!(;・∀・)w

ちなみに江戸時代、有名な徳川家康は将門さんにまつわる7つの神社を建設し、この7つの神社を結ぶと北斗七星の形になり、これは将門さんが北斗七星を信仰していたことからあえてやったとの噂も。
江戸の発展を祈願してつくられた「平将門公の結界」といったわけなのです。へぇー

こんなに強い力を持つと言われている将門公の首塚、神社めぐりが大好きな私としては是非一度行ってみたい!!
機会があれば行ってこようと思います\(^o^)/

京都で首塚といえば国道9号線老ノ坂峠の首塚大明神が有名ですね!
平安時代に源頼光等によって征伐された酒呑童子の首が埋められた場所として伝えられており、観光地というよりかは心霊スポットとして有名ではないでしょうか。
ぞわわっ。

では、今日も1日頑張りましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント