2014/10/29

THE・京都!京都の不思議な言い伝えをご紹介しちゃいますっ(ノ゚Д゚)ノ♪

こんにちは
いいお天気だけど寒いっ!
今晩は12℃まで下がるみたいですよ(゚ω゚;)
お出かけの方は温かくしてお出かけ下さい

昨日は仕事の後、京都駅のお店の方たちにごはんに連れて行ってもらったのですが、京都駅周辺はほんとにいろんなお店が多いっ!
そしてコアなお店が多いっ!w
ので、次にもうちょっとライトなところに連れて行ってもらった時に京都駅周辺のお店を紹介しますのでお楽しみに。w

たわー1029

今回は京都の不思議な言い伝えを紹介します
京都といえば神社やお寺など仏閣が多いことで有名ですよねヽ(*゚ω゚)ノ

そのなかのひとつ、京都市東山区の「知恩院(ちおんいん)」って行ったことありますか?

chionin1029.jpg

境内には国宝の御影堂や三門、重要文化財の勢至堂、集会堂などの文化財指定建造物が立ち並ぶ、THE・京都といった感じの建造物です
この国宝御影堂に「忘れ傘はこの上」と書いた木札があるのをご存知でしょうか(・д・´*)

忘れ傘1029

見上げると、軒の裏に骨組みだけの傘を見つけることができます。
なぜこんなところに傘があるのかというと、当時の名工、左甚五郎が魔除けのために置いていったという説と、このあたりに住んでいた白狐が自分の棲居がなくなるので霊巌上人に新しい棲居をつくってほしいと依頼し、それが出来たお礼にこの傘を置いて知恩院を守ることを約束したという説があります。

どちらにしても傘が雨、水を連想させることから、火災から守るものとして信じられています

他にも知恩院には「抜け雀」と呼ばれる襖絵もあります。
狩野信政が描いた大方丈の菊の間の襖絵には、菊の花の上に数羽の雀が描かれていたそうですが、あまり上手に描かれたので雀が生命を受けて飛び去ったといわれています。
そんな話が生まれるほどキレイな襖絵なんでしょうね

知恩院に行くことがあれば是非ご覧になってください(b´ω`d)
11月からは紅葉のライトアップも始まりますので、秋の京都を満喫してください

知恩院のHPはコチラ→http://www.chion-in.or.jp/index.php

知恩院
京都市東山区林下町400
市バス 「知恩院前」下車 徒歩5分


では、今日も1日頑張りましょう

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント