2014/10/25

久しぶりにっ!!賃貸の豆知識のコーナーヾ(*`∀´*)ゞ「お部屋の寸法の豆知識」編♫

おはようございます

今回は久しぶりに!賃貸の豆知識のコーナーです(っ´▽`)っ

いざお引越しをするって決めて不動産会社に行ったものの、「お部屋の広さはどれくらいをご希望ですか?」と聞かれて『いや、広さとかよくわかんないし…逆にどれくらいの広さがあったら生活できるのか教えてほしいくらいなんだけどな…』って経験がある方って少なくないんじゃないでしょうか?

マンション10255

私がお客さんだったら確実にこうなりますもん。
6帖って書いてあるけど具体的にわからないし、平方メートルで言われても余計ちんぷんかんぷん(´ДÅ)

そこで今回はお部屋の寸法の豆知識です

■尺貫法の単位
尺貫法(しゃっかんほう)は、長さ・面積などの単位系の一つ。
尺貫法という名称は、長さの単位に尺、質量の単位に貫を基本の単位とすることによる。
日本では、計量法により、1958年12月31日限り(土地と建物の計量については1966年3月31日限り)で取引や証明に尺貫法を用いることは禁止された。by wiki


・一寸   【イッスン】   約3㎝
・一尺   【イッシャク】  約30㎝
・半間   【ハンゲン】   約91㎝
・一間   【イッケン】   約182㎝
・一坪   【ヒトツボ】    約3.3㎡  畳2枚分
・一㎡   【イチヘイベイ】 約1m四方

このように単位が決まっているのです(・ω・`)

■じゃあよくみる○帖は?

不動産広告ルールでは1帖=1.62㎡と決められています。
※平米数で表記してある専有面積とは、ベランダ・バルコニーを含まない、お部屋全体の面積です。
畳1枚分で1帖とも言われていますね

ひとり暮らしをするにあたって、6帖1Kのお部屋だとシングルベッド・TV台・ソファ・小さい机・本棚で結構ぎゅうぎゅうになります。←実体験w
ですのでこれ以上モノが多い方は6帖の1Kでは厳しいかと。

■畳の広さ

関東の江戸間と関西の京間では畳の大きさが違うんですよ!

畳6枚分の6帖で計算しても、
江戸間→2.73m×3.64m=約9.931m2(3坪)  
京間→2.955m×3.94m=約11.64m2(約3.5坪)といった具合になります。
なんだか京間の方がお得ですよね


これでもやっぱりピンとこないかとは思うので、「広さの具合がわからないから試しに6帖の部屋と8帖の部屋を見せておくれ」と担当営業マンにお申し付けください(人´∀`)
一緒に見比べてお客様の生活に合った広さのお部屋を見つけましょう

私は6帖の部屋でぎゅうぎゅう生活でも大丈夫でしたけどね。w

さて、お昼時だ!!
お昼ご飯タイムですよー!!

今日も1日頑張りましょう








 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント