2014/08/27

賃貸の豆知識♪不動産業界のタブー「事故物件の豆知識」編(*´・Å・`*)ノ

おはようございます
今日はいい天気ですね(。・ω・)ノ゙

sora827.jpg

トンボもいっぱい飛んでて、もう夏も終わりなのでしょうか
夏はほんとに終わるのが早いっ!
って言っても9月末くらいまで夏みたいな気温が続くので、ラスト1ヶ月ヾ(o´Д`)ノ
最近ずっと家に引きこもり気味でしたが、やっと出歩く気になってきたぁー!!w
残り少ない夏を楽しみましょう


昨日の夜中にSMAP中居君のTVで「中居正弘のミになる図書館」という番組がありましたが、見た方いらっしゃいますか?
mininaru827.png
不動産特集で、サブタイトルが「不動産業界の秘密 全部ばらしちゃいますスペシャル」だったんですよ!
不動産会社の社員さんや事故物件サイトで有名な大島てるさん、専門家の方が不動産の裏話を話すっていう企画だったのですが、なかなか面白い内容でしたよ♪
そもそも、大島てるさんの事故物件サイトって何?って方も多いかとは思いますが、yahooなどで「大島てる」で検索してみてください。
私からは立場上おすすめですっ!!って紹介できないので・・・www

やっぱり気になる事故物件ですが、お客さんに「ここ、何もないですか?」と聞かれますが、皆さんが思っているほどそんなに事故物件はゴロゴロ転がっていません(*´・Å・`*)
昨日TVでは「物件の名前が変わったら怪しい」と言ってはりましたが、実際持ち主(家主)が変わると名前が変わったり、リノベーションの時に名前が変わったり、管理会社が変わったから名前が変わる…といったように、物件名が変わることは多々あります。
ですので、間違ったメディアの情報を鵜呑みにしないで、気になることがあったら私たちにご相談ください!

案内中など気になることがあれば「ここは事故物件ですか?」と単刀直入に聞いてみて下さい。
(ちなみに、不動産用語では事故物件のことを瑕疵物件(かしぶっけん)と言います)
不動産業者は、瑕疵物件の説明義務があるので、お客さんに聞かれた場合は説明しないといけません。

事故物件と一言で言っても、二種類に分けられます。
jiko827.png
物理的瑕疵…立地が極端な場所であったり、間取りが通常あまり見ないものであったり。
また、住宅として欠陥があったりと物質的・物理的に何か問題や特質がある場合、それに起因する物件に対するマイナスイメージとなりうる要因のことです。

心理的瑕疵…その部屋で自殺や事故死などがあった、または良くない噂話や幽霊・怪談話などによるマイナスイメージになりうる要因のことです。
これらは実際に住む人、住もうとする人の精神的な部分に大きく作用します。


事故物件の説明を行う義務は宅建業法47条1号で定められていますが、その物件に多くの入居者と年数が経っていれば、嫌悪すべき事項も薄まっているとして、裁判でも告知の義務は無いとされる可能性があるのでご注意!

何度も言いますが、気になることはどんどん聞いてください!

そもそも私はトラブルのもとになりそうな事故物件はお客さんに紹介しませんのでご安心を

では、今日も1日頑張りましょう






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント