2016/10/17

ウーパールーパーが絶滅の危機?!(´;ω;`) 他にも、動物園でおなじみのあの動物が絶滅危惧種なのをご存知でしょうか。

こんにちは

今日はなんとも悲しいニュースから1日が始まりました。
なんと。
ウーパールーパーが絶滅の危機なんだとか(´;ω;`)

ウーパールーパー20161017

土地開発や汚染が原因で、現在メキシコのいくつかの運河にしか生息していないのですが、アメリカの記事によると、このままでは2020年までに絶滅すると科学者たちが警告しています

ウーパールーパーとは正式には「メキシコサラマンダー」という両生類。
大きな外側に飛び出したエラを残したまま成熟するサラマンダー(=トカゲ)で、なんと体の一部を失っても再生できるという変わった能力を持っています(´ω`人)

昔、アステカ帝国では崇拝の対象であり多くの湖に生息していたものの、近年多くの湖や川で埋め立てなどが行われ、水質も悪化。さらに持ち込まれた外来魚によって一気に数が激減したんだそうです。

他にも、少し前にニュースでやっていたゾウ。

アジアゾウ20161017

このアジアゾウもオスの牙が狙われて、数が極端に減ってしまったんだそう。
牙は「象牙」として印鑑や置物など、いろいろなものに使われてきました。
絶滅危惧種としてアジアゾウを捕まえることは禁止されていますが、まだまだ密猟者に狙われているのが現状です(´・_・`)
牙を狙われて数が減っているという点では、実はカバも絶滅が心配されているんですよ。

カバ20161017

ちなみに川からカバがいなくなると魚がとれなくなるというお話もあるんですよ!
カバのフンはそこに住む魚の栄養源になっているので、カバが減ると魚の数も減り、とれなくなってしまうんだとか
私たち人間も含め生き物の暮らしはつながっているので、動物のことだから関係ない・・・なんてことは全くないんですよ(゚△゚;ノ)ノ

他にも森林伐採や火災によって住む場所を失ったオランウータンやゴリラ、マンドリル、チンパンジーなどのサルの仲間も多く絶滅危惧種としてあげられています。
サル・ゴリラの仲間には人間の病気が写って死んでしまう子もいるそう

チンパンジー20161017

他にもまだまだたくさんの種類の動物たちが絶滅の危機をむかえているのをご存知でしたか?
自分の子供、孫が大きくなったときに「昔はカバっていう大きな動物がいたんだよー」「マンドリルっていう顔が派手な動物がいてねー」なんて写真でしか見ることができないなんて・・・悲しすぎるっ。゚(゚´Д`゚)゚。

こうならないようにするためにはひとりひとりの力が必要で、地球環境保全なんていうと難しすぎるような気がしますが、省エネやゴミの量の削減など小さなことから始めることが大切です。

taiyou2016214.jpg

いかがでしたでしょうか。
なんだか悲しくなっちゃうお話でしたが、実際に世界のどこかで起こっているお話なのです_(:□ 」∠)_

では気をとりなおしてっ!
今日も1日頑張りましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント