2016/09/25

レンタの夏はまだ終わらないもよう。w なんだかラッキーなふたごたまご出現❤ふたごたまごのナゼ?を解明ですっ(´∀`)

おはようございます

asagao2016924.jpg

第二段が咲きました。w
夏の花、アサガオですよ。w

asagao20169242.jpg

この短さ。w
この直立感。www

毎日お水もやって、栄養剤も刺したのに何故かこれ以上は伸びなかった子たち(°_°)
まだあと2つくらい咲きそうなので、もうしばらく様子を見ようと思います♫

そういえば昨日の夜、晩御飯を作ろうと思って卵を割ると。

tamago9252016.jpg

ふたごたまご!!!(゚∀゚≡゚∀゚)
初めて見ました。ふたごたまご。
何だかラッキー
そして卵2個食べれたような得した気分です。w

このふたごたまご、正式には「二黄卵(におうらん)」といいます。
実はこの二黄卵、卵屋さんは販売するとき商品から除外してしまうのをご存知でしょうか。
「ふたごたまごが嬉しいのに・・・!!」なんて言う方も多いそうなのですが、検査の段階で除外されちゃうそう。

何でそんなことをするのかというと、ひとつめは卵の黄身と白身の割合が変わっちゃうから。
割合が変わることで、お店をしている方なんかは目的の料理に使いにくくなってしまい大変です。タシカニ!!(゚д゚)

ふたつめは、ふたごたまごなんて普通じゃない卵なんじゃ・・・なんていう不信感につながらないようにするため。
もちろん安全なのですが、お客さんが不安に思わないように除外するんだそうです。

tamago29252016.jpg

では何でこんなふたごたまごが出来てしまうのかという素朴な疑問。
このふたごたまごが出来るのは「小さい卵と小さい卵がくっついてひとつの卵になっちゃう」という理由から。
大人になったばかりの若鳥が産む卵からこのふたごたまごが生まれることが多いんだそう。へぇーっ
不慣れなので、二つの卵をくっつけて産んでしまうんだとか。

このような理由から除外されてしまうふたごたまご。
選別チェックの手をすり抜けて私たちの食卓に登場するのはレア中のレアなので、見つけたらなんだかいいことありそうで嬉しいですねヽ(´∀`)ノ
では今日も1日頑張りましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント