2016/06/03

様々な場面で出くわすお茶っ!出されたお茶の対応で印象がガラッと変わるのをご存知でしょうかヽ(´∀`)ノ

おはようございます
相変わらず日差しが強い日が続いていますね(´д⊂)
お昼間は暑いのですが、大きい寒気が流れ込んできているそうですので週末にかけて夜はぐっと冷え込む日が続きそうです。
なんと北海道では季節はずれの雪が降る恐れがあるんだとか。
夜お出かけの方、お仕事の帰りが遅くなる方は羽織物をもってお出かけください

さてさて、新年度が始まって2ヶ月。
新しくお仕事を始めた方もそろそろ落ち着いてきたころではないでしょうかヽ(´∀`)ノ
お客様のところに伺ったり、商談で他の会社に行ったり、忙しくされている方も多いかとは思います。
そのときだいたいの場面で出くわすお茶。
出されたからって何げなく飲んでいませんか?
実はこの対応だけでも印象が変わってしまう、大事な場面なんですよ

tya632016.jpg

飲むタイミングで好ましいのは相手に勧められた時や、待っても勧められない場合は相手が飲んでから、というのがイイと言われています。
冷たいものは氷が溶ける前に、熱いものなら冷めないうちにとも言われていますのでここはがっつき過ぎず、臨機応変にいただきましょう
お茶を出されたとき、相手からの好意をくみ取ってその好意に応える気持ちをもつと◎

ちなみにお茶を飲みきる、出された茶菓子を食べきるのは失礼に当たりませんので残さずいただきましょう

tyagasi632016.jpg

お茶を一口も飲まないのは相手のもてなしを拒否していると思われてしまうかもしれませんので、遠慮のし過ぎはかえってマイナスな印象を与えてしまいます。
明るく「いただきます」や「頂戴します」と言うと感じがよく、最後に「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えましょう

いかがでしたでしょうか(゚∀゚)
相手との関係性によって対応は変わると思いますのでそこは臨機応変に対応してくださいね♪


では今日も1日頑張りましょう
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント